滞在許可証 Permesso di soggiorno

滞在許可証とは?

 

3ヶ月以上イタリアに留学する場合、ヴィザとともに必要となる書類です。3ヶ月以上イタリアに滞在する留学生は、正規の学生ヴィザを持っていても滞在許可証がないと不法滞在となってしまうので、きちんと届出をする必要があります。

滞在許可証発行までの流れ

イタリア入国から8日以内に申請します。手続きは以下の通りです。ダンテでは申請書類の準備を無料でサポートしています。日本語の補講の時間を利用したり、学校窓口に相談したりして、期間内にきちんと申請しましょう。

 

Kitと呼ばれる申請書類一式。A4より少し大きめの封筒に書類が入っています。

1. 郵便局でkitをもらう。

Sportello amicoの表示がある窓口でにいき、キットと呼ばれる申請手続きのための書類をもらいます。(無料)

A4サイズの封筒に、申請書、申請に必要な書類一覧、手数料振込票などが入っています。

2. 必要書類を準備する。

  • 記載済みの申請書(留学の場合はmodulo1)
  • パスポート全ページのコピー
  • € 14,62の収入印紙(marca da bollo、タバコ屋で買います)
  • 入学許可証のコピー
  • 保険証のコピー
  • 財産証明(英文の残高証明など)のコピー

3. 郵便局に上記の必要書類を持っていき、申請書類を提出します。

  • 窓口は、1と同様にSportello amicoです。この際、郵便局担当者が原本確認できるよう、パスポートなどコピーした書類の原本をすべて持っていきます。Kitの封筒も必要となります。
  • 郵便局で書類が受理されると同時に手数料などの支払いをします。€ 57,50(2010年5月現在)を現金で支払います。
  • クエストゥーラに出頭する日時のかかれた出頭要請書、支払受領書(2枚)、申請書類送付証明が発行されます。

ここまでの手続きをイタリア入国から8日以内に完了させます!

4. 出頭要請書に記載の日時にクエストゥーラへ行きます。

書類原本の提出と、指紋採取が行われます。必要書類は、以下の通りです。

  • パスポート原本
  • コピーで提出している2の書類の原本すべて
  • 住居の賃貸契約書コピーまたは、家主による滞在証明および家主のIDコピー(当校で滞在先を手配した場合は、当校の入学許可証で代替できます。)
  • 証明写真4枚(実際は2枚のみ使うものの、指定通り4枚持っていくのが無難です。)

*パスポート、保険証の原本は、確認後その場で返してもらうように注意します。

5. 必要書類を届け、指紋採取が終わると、申請受領書が発行されます。

6. 滞在許可証発行まで40日ほど待ちます。

発行されたかどうか、インターネットで確認します。

http://www.poliziadistato.it/articolo/view/15002/

7. 発行されていたら、受け取り窓口の開いている時間(申請受領書に記載)に、警察署へ出頭し、郵便局、警察署で発行された全ての受領書を持って、滞在許可証を受けとります。


《各関係機関による滞在許可証についての説明》

イタリア警察HP:http://www.poliziadistato.it/articolo/view/225/

郵便局HP:http://www.poste.it/azienda/ufficipostali/eli2/soggiorno/


《関連事項の問い合わせ先》

クエストゥーラ 外国人窓口: (+39) 0577 201631